人間はやった後にする後悔よりも やらずにする後悔のほうがよく覚えていると言います。
こちらをクリックして今すぐ行動しましょう。







転職

株式会社求人ジャーナルという会社があります。

株式会社求人ジャーナルという会社があります。就職情報誌を主に発刊している会社です。昭和60年、求人タイムス社として群馬県高崎市に創業されました。翌年、現社名である株式会社求人ジャーナルとして設立されました。資本金2500万円、正社員が260名で事業所数が30ヶ所です。営業範囲としては関東地方が群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、栃木県、茨城県、東北が福島県、宮城県、甲信越が新潟県、長野県、東海地方が静岡県です。

「本業以上の収入を、ほったらかしで稼ぎ出す仕組み」
というものが出来上がっていくのです。



求人情報を扱う会社は多いですが、群馬県を中心に活躍している会社で求人ジャーナルという会社があります。営業の主力はもちろん求人情報ですが、主に印刷媒体、つまり情報誌、折込みちらしを扱っています。インターネットの時代ですからネットでも求人情報は扱っています。営業エリアは関東近県と甲信越、東北、東海の一部をカバーしています。そのほかには求人情報以外に住宅の賃貸、売買などもあつかい、いわゆる地域情報誌も出しています。
株式会社求人ジャーナルは群馬県高崎市を本店とする求人情報誌を出している会社です。創立は高崎市ですが、その後、徐々に営業エリアを広げ、関東地方では神奈川県を除く全エリア、東北地方は宮城県、福島県、甲信越は新潟県、長野県、東海が静岡県になっています。同社は求人情報以外に地域の新規開店店舗の案内などの地域情報も発信しています。また、求人情報誌の求人ジャーナルの特徴は、首都圏では今や当たり前になっている価格ゼロ円が、求人ジャーナルは100円で有料販売している点でしょう。

サイトの量産は手っ取り早く稼ぐための唯一の方法です。

求人ジャーナルという求人情報誌を販売している会社があります。本店は群馬県高崎市です。情報媒体は79エリア、890万部発行の新聞折込「求人ジャーナル」、無料の求人情報誌でフリーペーパー「jobジャーナル」、書店、コンビニ等に毎週日曜日発行で有料雑誌(100円)の「週刊求人ジャーナル」です。さらにインターネットでも随時求人情報を公開しています。これ以外には登録すると毎週土曜日に求職者が欲しい求人情報がメールで送られてくるお「仕事マッチングメール」もあります。
株式会社求人ジャーナルは、従業員260名、売上が平成17年6月決算実績で94億円、資本金が 2,500万円の地方中堅企業です。求人情報の提供が最初の出発点でしたが、いまや求人情報以外の地域のグルメ情報、賃貸情報、不動産取引情報、中古車情報など、地域密着型の営業展開を行っています。同社の展開はやはり生活密着の情報を提供する情報産業の一翼を担っているといえます。

サイトの量産は手っ取り早く稼ぐための唯一の方法です。
月3000円という額は置いとくとしても、
僕自身『サイトの量産』という方法で稼いできましたし、
Googleアドセンスや物販アフィリエイトで稼いでいる他のアフィリエイター達も、
この方法が稼げるからこそ、空いた時間をアフィリエイトに充てて、
毎日コツコツと、 地道な作業を続けています。


さぁ、あなたも今すぐブログを量産してください!
その先には、遊んでいても、寝ていてもアフィリ収入を受け取れる、

不労所得という名の輝かしい未来が待ち受けているのです!

稼げると分かっているのですから、やらない手はないでしょう?

転職

転職に成功するかどうかは

転職に成功するかどうかは、この転職理由に大きく左右されます。「仕事がうまくいかない」、「職場での人間関係がうまくいかない」、現在の職場で何らかの問題を抱えていると、どうしても愚痴りたくなります。ところが、このようなネガティブな理由による転職は失敗する危険性が非常に高くなります。転職先でその問題が解決する保証はないわけです。同じ様な問題を抱えて更に転職を繰り返す結果にもなりかねません。
転職に成功する人は、「キャリアアップしたい」などのポジティブな理由による場合が多く、逆に不平不満ばかりを抱いて転職する人は、転職できても同じ様な不満がたまり、転職を繰り返すケースが目立ちます。転職して問題が解決することが100%保証されるわけではありませんから、転職後に同じ様な不満がどんどんふくらんできて、再度転職を願望するようになることが多いわけです。
転職理由によって転職に成功するか、失敗するかが決まるとよく言われます。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。自分の能力を伸ばしてキャリアアップしたいと思う人は、それなりの心構えや準備をして転職しますから転職後のミスマッチが少なくなります。逆に不平・不満が引き金になる転職は現状から逃れたいあまり、転職することばかりにこだわって十分な準備期間を取らずに行動してしまい、転職後に後悔することがよくあるわけです。
現在の仕事に対する不満ばかりを抱いて転職すると失敗することが多いと言われています。その理由は転職後にその不満が必ず解消されるとはかぎらず、同じ様な問題に直面して転職を繰り返す可能性が高くなるからです。逆に「新たな仕事にチャレンジしたい」、「今までのキャリアを生かしてさらにステップアップしたい」などの前向きな理由による転職は、それなりの心構えや準備、あるいは希望先の業種や企業の研究を十分に行うことが普通であり、成功する確率が高くなります。
転職する際に気をつけたいことは、前向きな転職理由と不平不満ばかりに根ざした転職理由とでは成功する確率に大きな差が出るということです。前向きな転職理由を持っている人は、転職先の研究や転職のための能力アップなど、準備を十分に行って転職する場合が多く、転職に失敗するリスクはおのずと低くなりますが、不平不満に基づく転職の場合、衝動的に転職しがちであるため、どうしても失敗が多くなるわけです。
タグ:転職 派遣

転職

転職したいと思う理由「より多くの収入を得たい」が1位。

転職理由で一番多いのが、現在の収入に対する不満です。gooが2005年に実施した「転職したいと思う理由」のアンケート結果でも「より多くの収入を得たい」が1位になっています。「やりがいのある仕事をしたい」、「新しいことにチャレンジしたい」が2位、3位と続きますが、もうひとつおもしろいデータがリクナビNEXTから発表されています。同じ2005年に集計されたもので、「退職理由のホンネランキング」として「上司との人間関係」が1位、2位が「給与が不満足」という結果です。
転職理由にはどのようなものがあるか気になったことはないでしょうか。建て前とホンネでは少し異なるようです。gooとリクナビNEXTがそれぞれ独自に集計したアンケートを基に、「転職したいと思う理由ランキング」、「退職理由のホンネランキング」を発表しています。収入に対する不満はどちらも上位にランキングされるものの、gooでは「仕事のやりがい」が2位、リクナビNEXTでは「上司との人間関係」がトップになっています。
転職理由にはいろいろあると思いますが、やはり生活の基盤となる収入アップを理由とする転職が多いようです。しかし実際にはひとつの理由だけではなく、多くの理由が重なって転職に踏み切るケースがほとんどを占めているのではないでしょうか。特に多い理由としては、「上司との人間関係がうまくいかない」「今の仕事にやりがいがない」など、不満に触発される転職が多いようです。
転職理由としてよく耳にするのが、給与面に対する不満足で、転職理由のランキングでも常時トップをキープしています。リクナビNEXTでは「退職理由のホンネランキング」を紹介していますが、仕事自体に満足感を得ることができない、あるいは上司とうまくやっていけないなど、現在の職場で何らかの深刻な問題を抱えている場合に、転職を決断するケースが多いことがうかがわれます。
転職理由は人それぞれに異なると思いますが、毎年圧倒的に多い理由が「給与に対する不満足」や「上司との人間関係がうまくいかない」あるいは「仕事のやりがいがない」などです。給与面に関する問題は生活に直結することなので、転職希望の理由に挙げる人が多いのは当然のことかもしれませんが、上司との人間関係に悩み、過大なストレスを抱えて転職を真剣に考えている人たちが多いことも、最近の傾向ではないでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。