人間はやった後にする後悔よりも やらずにする後悔のほうがよく覚えていると言います。
こちらをクリックして今すぐ行動しましょう。







ネットビジネスニーズ

ネットビジネスニーズ

ネットビジネスニーズにこたえて。

USD JPY - 10/29 著 者: フォレックスプロス

ドル円は90.76をブレイクし、その後少し下落したが、90の上で止まった。それにも関わらず、テクニカルの見通しはやや否定的となった。その理由は、最近注意して見続けてきている上昇チャネルがブレイクされたからである。日足の最も重要なサポートは90.16であり、今その値はブレイクされずに維持されている。このまま維持することができれば、92.31からの下落に対し調整が予想される。だが、その値がブレイクされれば、さらなる下落が予想され、最初は89.61の重要なサポート、最後は89の上の重要なサポートにまで下落するものと考えられ、次の重要なサポートは88.82になる。その一方、日足の最も重要なレジスタンスはフィボナッチ38.2%戻しとなる91.02かつブレイクされたチャネルを再度試す水準でもある。これがブレイクされれば、
重要なレジスタンスの91.52まで上昇すると予想し、調整局面の直前になるならば、この水準はブレイクされないだろう。しかしサプライズが起こり、ブレイクされれば、92.17まで値戻しに向かっていると考えられる。

サポート:
*90.16: 日足のサポート。
*89.61: 以前のサポートかつ10月12日の安値。
*88.82: 以前のサポートかつ10月14日の安値。

レジスタンス:
*91.02: 日足のフィボナッチ38.2%戻し、かつブレイクされたチャネルを再度試みる水準で、重要なレジスタンス。
*91.52: 日足のフィボナッチ38.2%戻し、かつ重要なレジスタンス。
*92.17: 既によく知られたレジスタンスのある付近。

http://www.forexpros.jp/upload_images/1256805465_0.png

外為ポータルのフォレックスプロス

免責事項:
先物取引や先物オプション、外国為替証拠金取引は、実質的な損失のリスクを伴うことも含め、全ての投資家の方々に適しているというわけではありません。あなたの置かれている状況や知識そして財源が取引に適しているか否かを慎重に考慮しなければなりません。初期投資の全てまたはそれ以上を失う可能性もあります。当サイト上の見解や経済指標カレンダー等の市場データ、提案等はいつでも変更できることを条件としています。
アーティクルinfomake|無料で集客・アクセスアップ!SEOにも効果的!
アーティクルリソース ⇒ http://www.infomake.org/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。